作品概要

三人の歌い手(聴覚)》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1624年から1624年で、Collection W. Baron van Dedemに所蔵されている。

この作品は18世紀に拡張され描き足されていたが、1988年の修復の際に元の状態に戻された。この作品は20世紀の発見以来その帰属を巡って論争が続いており、それらは主にレンブラント作品と認めるほか、レンブラント以降の古い複製作品であるとするもの、レンブラントの一番弟子として著名なヘラルト・ドウの作品とするものなどであったが、1982年にはオランダ政府公認の真贋調査委員会レンブラント・リサーチ・プロジェクトがこの作品の帰属について、真贋の判断が不可能とするB群に列することを決定した。

とはいえ1988年の修復の際に、18世紀に付け足された部分や、上から描き足された絵具が取り除かれてからは、大多数の専門家が当作品をレンブラントの真作であると認めている。

『三人の歌い手』は五感(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)に基づくレンブラント作品の「聴覚」に当たるもので、これらの作品は20世紀の間に次々と発見されるうち、そのサイズやテーマ、スタイルの一貫性などから連作であるらしいことが徐々に明らかになっていった。

また、拡張された部分はオーク材で作られているが、その材料と工法の一致からおそらく同一人物による加工であったと考えられている。現在五感シリーズは4つまでが確認されているが、「味覚」はまだ見つかっていない。

《三人の歌い手(聴覚)》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:三人の歌い手(聴覚)
  • 制作年:1624年-1625年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:Collection W. Baron van Dedem
  • 種類:油絵
  • 高さ:21.6cm
  • 横幅:17.8cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部