作品概要

教会の勝利》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は1622年から1622年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「教会の勝利」または「狂暴、不和、憎悪に対する教会の勝利」は1625年にピーテル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品であり、現在は、マドリッド所在のプラド美術館に所蔵されている。「教会の勝利」は、サクラメント、カトリック信仰と対抗宗教改革、異端と宗教改革への批判を賞賛する寓話的作品類のひとつである。

当初は、マドリッドのデスカルサス・レアレス修道院で開催される聖体の祝日といった、主要な祭典で展示する記念のタペストリーのモデルであると考えられていた。ルーベンスの故郷であり、またブリュッセルのタペストリー工場を含む、スペイン領ネーデルラント大公へ嫁いだスペイン王フェリペ2世の娘、イサベル・クララ・エウヘニアの依頼によって1622年から1625年にかけて制作された。「教会の勝利」完成後のタペストリーは、1627年から1632年の間にブリュッセルのタペストリー工場にて制作され、それらの一部は、ルーベンスが最終作にて変化を加えていたことを示している。

その他の題名は「神の愛の勝利」「アブラハムとメルキゼデクの会合」「異端に対する美徳の勝利」などであり、主に、旧約聖書に登場するものとともに、プロパガンダと教義のサブテキストのある寓話的題名がつけられている。「教会の勝利」はおそらく、シリーズの中心となる作品であり、その結果タペストリーは、最も複雑なテーマと構図を用いた最大のものであるとされている。

《教会の勝利》の基本情報

  • 制作者:ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名:教会の勝利
  • 制作年:1622年-1625年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:プラド美術館
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部