作品概要

楽園のアダムとイブ》は、画家のピーデル・パウル・ルーベンスによって描かれた作品。制作年は1615?年から1615?年で、マウリッツハイス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「楽園のアダムとイヴ」はピーテル・パウル・ルーベンスとヤン・ブリューゲル(父)の二人によってアントワープにて製作された油絵。大きさは74.3cm×114.7cmで、製作は1615年頃とされている。現在この絵はオランダ、デン・ハーグのマウリッツハイス美術館に収蔵されている。

絵に描かれているのは創世記の一場面、楽園にいるアダムとイブである。中央左に描かれたイブは知識の樹に手をのばし、その実をとろうとしている。隣のアダムは樹の下に腰掛けている。絵にはたくさんの動物が描かれ、それぞれが象徴をもっている。たとえば、絵の左下に描かれた果実をかじっている猿は罪、イブの足元に描かれた猫は狡猾さ、図左上、樹の上のオウムは知恵の象徴である。

先に述べたように、この絵はヤン・ブリューゲルとルーベンスによる共作である。ブリューゲルが全体の構図を担当したが、まずルーベンスが作画をはじめ、樹、人物と馬を描いた。その後ブリューゲルが植物や動物たちを描いた。ブリューゲルはこの絵の他にも同じモチーフで作品を描いた。また、ブリューゲルの担当した人物と樹の部分は、のちに模写したティツィアーノの「アダムとイブ」との類似性がみられる。

ルーベンスとブリューゲルはこの他にも多数の作品を共作している。17世紀はじめのアントワープで最も有名だった二人の画家はその後20年以上にわたる友情を続け、20作を越える作品を共に作った。 

《楽園のアダムとイブ》の基本情報

  • 制作者:ピーデル・パウル・ルーベンス
  • 作品名:楽園のアダムとイブ
  • 制作年:1615?年-1615?年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:マウリッツハイス美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:74.3cm
  • 横幅:114.7cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部