作品概要

ピアノの前の少女たち》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1892年から1892年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ピアノの前の少女たち』は、1892年にルノワールが描いた絵画である。この絵画はリュクセンブルク美術館の非公式な要請に基づいて描かれたものであった。ルノワールはこの構図をもとにスケッチ画に基づいて油彩とパステルの二通り、完全な油彩画で複数の作品を残している。これらはディーラーや収集家の要請を満たすために完成にさせた作品でもあった。現在オルセー美術館がこの絵画を所蔵している。

当絵画では中産階級の家でピアノの前に座る二人の少女が描かれる。一人は白いドレスに青いサッシュを巻いてピアノを演奏し、もう一人はピンクのドレスに身を包んでその傍らに佇んでいる。ルノワールが収集家の要請に応じて同構図の別ヴァージョン油彩画を三種類描いたのは前述の通りであるが、オルセー美術館が所蔵しているものをリュクセンブルク版、メトロポリタン美術館に所蔵されているものをロバート・レーマン・コレクション版、個人所蔵されているものはカイユボット版とそれぞれに便宜上の名前が与えられている。またパステル版は個人の所蔵にあり、油彩スケッチはオランジェリー美術館に所蔵されている。

ピサロやモネも同じ構図で異なるヴァリエーションを描いているが、それらは複数の作品をひとまとめにして光と空気の表現を時系列的に見せるコンセプトに基づき作られていた。他方、ルノワールが残した複製は、それぞれ独立した構図のテストという意味合いが強い。細部とモデルの姿勢はわずかに作品ごとの変化を与えられており、背景の多くは取り除かれている。

《ピアノの前の少女たち》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:ピアノの前の少女たち
  • 制作年:1892年-1892年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:オルセー美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:116cm
  • 横幅:90cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部