作品概要

ぶらんこ》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1876年から1876年で、オルセー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ぶらんこ』は、印象派の旗手となったルノワールが1876年に描いた絵画である。寸法は縦41センチ、横23センチで、現在はパリのオルセー美術館に所蔵されている。

ルノワールは、現在のモンマルトル美術館の庭に当たる場所に、工房用のコテージを借りており、そこで大作『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』を完成させた。この絵も、モンマルトルの庭で描かれた作品である。

ルノワールがこの絵画で描くモデルたちは、花びらに覆われた森の辻道の上に立っている。その道の上で、こちらに背を向ける男が、ブランコに乗る少女に近づき、幼い女児がそれを見ている。もうひとりの男は、木の幹によりかかって視線をその二人の方に投げかける。ブランコの少女はおそらく15歳くらいの年頃であろう。頭に被った帽子とピンク色のドレスとが、絵の魅力を増幅させている。これら手前の4人の向こう側には、もう一つのグループが五人、粗めのブラシ捌きで描かれている。

木漏れ日が青白い光の破片をそこかしこに落とし、とりわけ衣服や地面に鮮やかな模様を描いている。

1877年の印象派展でこの絵画が展示された時、評者たちを困惑の極みに陥れたのが、この木漏れ日の表現であった。なかなか買い手がつかなかったものの、『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』の購入者であるギュスターヴ・カイユボットに後に落札された。

絵の少女はジャンヌと呼ばれるモンマルトルの踊り子で、ルノワールお気に入りのモデルであったが、少年との逢引に忙しかった彼女は『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』のモデルを拒否してしまう。背を向けた男性はルノワールの兄弟エドモン、二人を見つめる男性はルノワールの画家友達ノルベール・グヌットである。ちなみに、ブランコはムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット舞踏会場にはお馴染みの遊具で、1876年に同会場と共に設えられたという。

《ぶらんこ》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:ぶらんこ
  • 制作年:1876年-1876年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:オルセー美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:41cm
  • 横幅:23cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部