作品概要

ブーローニュの森でスケートをする人々》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1868年から1868年で、個人所蔵に所蔵されている。

『ブーローニュの森でスケートをする人々』は、1868年の冬に描かれたルノワールの風景画であり、まだ建造間もないブーローニュ森林公園の凍った湖の上で憩いのひとときを過ごすパリの老若男女多数が、冬景色とともに描かれている作品である。寒さと雪を極度に嫌ったルノワールが残した数少ない冬の風景画のひとつでもある。
本絵画は1868年1月頃に厳冬の野外で描かれたもので、ルノワール26歳の作品である。

この年の冬は異常な寒さで、パリの人々がセーヌ川を歩いて渡りその支流でスケートすることができるほどのものであった、と当時の新聞がその厳しさを今に伝えている。作成当時は、1852年にナポレオン三世の下命に基づきジョルジュ・ウジューヌ・オスマン主導の公共工事が始まってからさほど時間が経過しておらず、ブーローニュ森林公園も1858年に完成したばかりであった。

本絵画が描かれた場所はラク・プ・ル・パティナージュ(スケート用湖)と呼ばれる人造湖の側であったと考えられる。ルノワールは群衆を描くつもりでこの公園を選んだ。絵画の仕上がりは未完成で、油絵下描き(ポシャド)の形を取ったスケッチの様でもあるが、ブラシ捌きは力強く、構図はリアリズムに富んでいる。

公園の西側にあたるこの場所の描写は、やや高台から俯瞰されたようで、ヘンドリック・アファーカンプのような、オランダのスケート場を描いて人気を博した、当時より数世代前の絵を彷彿とさせる。

飼い犬が何匹か散見されるが、これはルノワールのパリ有産階級生活への興味関心を示していると言えよう。人々の交流する場所での余暇をモティーフとして切り取る手法は、後年のルノワール作品を形作るものとなっていくのである。

《ブーローニュの森でスケートをする人々》の基本情報

  • 制作者:ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名:ブーローニュの森でスケートをする人々
  • 制作年:1868年-1868年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人所蔵
  • 種類:油彩
  • 高さ:72.1cm
  • 横幅:89.9cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部