作品概要

日傘のリーズ》は、画家のピエール=オーギュスト・ルノワールによって描かれた作品。制作年は1867年から1867年で、フォルクヴァンク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

概要

《日傘のリーズ》は「リーズ」としても知られる、フランス人画家ピエール・オーギュスト・ルノワールの作品で、彼の経歴でも初期、サロン時代に描かれた作品である。

1866年から1872年までルノワール絵画のモデルを務めた、リーズ・トレオ嬢が、森の中でポーズを取る様子を、「全体描写」で描いた作品である。

構図と技法

リーズは白のムスリンドレスに身を包み、左手には黒レース編みの日傘を掲げている。木漏れ日がその日傘の網目を通り、影の中の彼女の顔と日に当たるドレスとの対比を鮮やかに、ややドレスの白に重点を置いた描写で浮かび上がらせている。

この作品は、数点の門前払いを受けた後、ようやくサロンに展示されたルノワール最初の成功作であった。

当時、ルノワールの技法は、未だクールベの影響下にあるものの、この時期は彼が自身の透過させた光を描く独自のスタイルを発展させていく時期でもあった。

作品の所有者

印象派初期の熱狂的な支持者テオドール・デュレはこの絵画を買い、なかなか売ることができなかったという。1901年にフォルクヴァンク美術館の創設者オストハウスに買われて以降、本作は同美術館に所蔵されている。

作成背景とエピソード

ルノワールは1867年の夏、おそらくは八月のあたりに、26歳で《リーズ》の制作を始めた。作品を描いた場所がどこであるか、最終的に野外と工房のどちらで完成されたのかは定かではない。

友人のメートルがルノアールの友バジルに送った手紙によれば、「(ルノワールは)とても変な描き方で、溶剤を質の悪い硫黄系のものに置き換え、パレットナイフを捨てて薄い油彩ブラシを使っていたよ。ご存知の通りさ。」とのことであった。

《日傘のリーズ》の基本情報

  • 画家ピエール=オーギュスト・ルノワール
  • 作品名日傘のリーズ
  • 制作年1867年-1867年
  • 製作国不明
  • 所蔵フォルクヴァンク美術館
  • 種類油彩
  • 高さ184cm
  • 横幅115cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者