作品概要

囚われの美女》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1931年から1931年で、シドニー、ホガース・ギャラリーに所蔵されている。

シュールレアリズムの手法であるトロンプ・ルイユ(目を欺く)を使った作品である。 

いわゆる現代のトリックアートと呼ばれるものだが、マグリットは真実を隠蔽するときによく使っている。 

この作品は1931年、35年、47年の版があり、絵の中の絵のシリーズである。それぞれタイトルは同じでも少しずつ違っている。1931年の作品は、大草原の小高い丘の上に大きな木が一本あり、その脇には透明なキャンバスが立てられている。そこにはその先にあるであろうという風景が描かれている。よく見ると透明なキャンバスではあるがそこに映るべきイーゼルの足は写っていないし論理的にはありえないものだ。我々には多分そんな風景が周りの延長線で考えた時にあり得るためあまり疑問には思わない。しかしそれは絵の中のもう一枚の絵である。それは真実であろうか。もしかしたら全く違った風景が展開しているのかもしれない。 

見るという行為と真実を認識することは必ずしも同じではないのである。そしてこの作品の2年後にマグリットは『人間の条件』という作品を完成させている。こちらもまた絵の中の絵のシリーズの一つである。彼は友人であり作家のポール・コリネーへの手紙の中でこう語っている。そこに描かれたものしか認識できないのであればこの絵の意味を問う資格はない。何が描かれているかは説明できるが、どんな真実がそこに存在するかは見る者のアイデアとフィーリングなのだと。

《囚われの美女》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:囚われの美女
  • 制作年:1931年-1967年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:シドニー、ホガース・ギャラリー
  • 種類:油彩
  • 高さ:38cm
  • 横幅:55cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部