作品概要

放蕩一代記(7,監獄)》は、画家のウィリアム・ホガースによって描かれた作品。制作年は1732年から1732年で、大英博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『放蕩一代記』は1735年にウィリアム・ホガースが自己の絵画を元に版画として作成した八枚組作品で、七枚目では場所がロンドンの債務者刑務所フリート監獄に移る。フリート監獄では、様々な債務者が一色単に同じ坊に詰め込まれ、債務の支払いの手立てを工面して出獄しようとしていた。

トム・レイクウェルの年老いた妻は、全財産をトムが掏ってしまった怒りに拳を握りしめ、トムを難詰する。獄吏はトムに上乗せ金を出せと求め、一方で少年はトムに大ジョッキのエール一杯分の代金を支払うように詰め寄る。収入を工面しようとトムが描き上げた戯曲の台本は、役者ジョン・リッチから丁重に断られ、テーブルの上にその原稿が見える。

絵の反対側ではサラ・ヤングが絶望的な状況に気を失いかけ、同伴の女性が気付け薬の塩を嗅がせようと試み、倒れ掛かるその足元に彼女の娘が寄り添ってスカートを握りしめている。倒れ掛かるサラを支える年かさの男性は、自らの負債を国債利回りで返済しようと考えた書面を足元に転がしている。ホガースの父親が生前借金の返済のため実際に考えた手段が国債の利用であり、これは意図的にホガースが構図の中に組み込んだものと思われる。背後では借金で入所したと思われる男が、鉛から金を作ろうとして錬金術を試みている。

椅子に座るトムは既に精神に変調をきたし始めている表情を覗かせており、もはや手遅れの感が漂っている。寝台の上にはなぜか意味深長な雰囲気の翼が描かれている。

《放蕩一代記(7,監獄)》の基本情報

  • 制作者:ウィリアム・ホガース
  • 作品名:放蕩一代記(7,監獄)
  • 制作年:1732年-1735年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:大英博物館
  • 種類:版画
  • 高さ:34.8cm
  • 横幅:40.1cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部