作品概要

青い部屋》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は1901年から1901年で、フィリップス・コレクションに所蔵されている。

本作品が制作された1901年はピカソが初めて自身の個展を開いた年である。

青の時代

本作品はピカソの「青の時代」に制作された作品で、女性が寝室で入浴する様子が描かれている。また壁を見ると、パリで活躍してたロートレックの《メイ・ミルトン》のポスターが貼られている。

作品の分析

1990年代、X線調査で作品の下に別の絵、《男性の肖像画》が隠されていることが判明したのだ。フィリップ・コレクションや国立美術館、コーネル大学などの専門家達がチームを組み、最新技術などを用いて隠されていた肖像画を浮かび上がらせた。

顔料などの分析を行い、浮かび上がった肖像画を確認すると、ピカソ本人の作品であると確認した。その肖像画は髭をはやした男性であるが、その男性は誰なのか。男性の年齢は40代で、服装から判断すると、裕福な生活を送っているとみられる。

作品のモデル

そこから推測されるのは美術商のアンブロワーズ・ボラー、美術評論家のギュスターヴ・コキオなど様々な説が上がっているが、はっきりと一致する人物は分かっていない。

ピカソの境遇

当時貧しかったピカソは、思いついたことは、すぐに形にしなければならなかったが、当時は貧しく画材道具が高くて購入できなかった為、1枚のカンバスに重ねて絵を描いていたようだ。

《青い部屋》の基本情報

  • 制作者:パブロ・ピカソ
  • 作品名:青い部屋
  • 制作年:1901年-1901年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:フィリップス・コレクション
  • 種類:油絵具
  • 高さ:50cm
  • 横幅:62cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部