作品概要

テーブルとして使われるフェルメールの亡霊》は、画家のサルバドール・ダリによって描かれた作品。制作年は1934年から1934年で、ザ・ダリ・ミュージアムに所蔵されている。

「テーブルとして使われるフェルメールの亡霊」はサルバドール・ダリによって描かれた小さなシュルレアリスムの油絵である。この作品は、17世紀の有名な作品、ヨハネス・フェルメール作の「絵画芸術」を参照しており、「絵画芸術」にはフェルメールではないかと考えられている画家の、特徴的な衣服に身を包んだ後ろ姿が描かれている。

「テーブルとして使われるフェルメールの亡霊」は、ダリのフェルメールに対する絶大な賞賛を表現したいくつもの作品のひとつである。ひざまづいた、暗くひょろっと細長いフェルメールが描かれている。テーブルとして表現されている大きく広げた片足には、ボトルと小さなグラスが置かれている。先が細くなっているその足の、手すりのような端くれのそばには、片方の靴がある。

壁と遠くの山々の風景は、スペイン、カケダスのポルトリガットのダリ宅周辺で見られる、実際の景色に基づいている。フェルメール作「絵画芸術」においては、画家が杖に寄りかかっており、その画家の手は、恐らく動きを表現するために珍しいぼかしとともに描かれている。ダリ作「テーブルとして使われるフェルメールの亡霊」においては、フェルメールの作品の画家と同じ腕を杖に乗せている。

「テーブルとして使われるフェルメールの亡霊」はサインも完成日も記されていないが、1934年に完成されたと知られている。現在はモース氏から借り受け、フロリダ州セントピーターズバーグ所在のザ・ダリ・ミュージアムにて展示されている。

《テーブルとして使われるフェルメールの亡霊》の基本情報

  • 制作者:サルバドール・ダリ
  • 作品名:テーブルとして使われるフェルメールの亡霊
  • 制作年:1934年-1934年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ザ・ダリ・ミュージアム
  • 種類:油彩
  • 高さ:18.1cm
  • 横幅:13.97cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部