作品概要

エトルタ、荒れた海》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1883年から1883年で、リヨン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「エトルタ、荒れた海」は冬の日の荒れた海を表現している。描かれた崖はエトルタにあるものである。クロード・モネはその町に留まり、1864年の冬から1865年にかけて沢山の作品を描いた。彼は「私は、野外で石の上に座り、長時間仕事をしながら過ごしている」との言葉も残している。

クロード・モネは、1883年2月に当時彼の住んでいたホテルの窓から風景を見て絵の構成を組み立てた。その後、絵はパリでディーラーをしていたP・デュラン・リュエルによって買われ、のち1902年にリヨン美術館に所蔵されることとなった。このように博物館は20世紀初期の印象派画家たちの絵を評価する者の先駆けとなっていた。

「エトルタ、荒れた海」は4つの主要な要素から成り、各々が異なる手法によって表現されている。中心部は、コンマ形に塗られる真珠色の波が押し寄せている。最前面には、古いボートで一杯の小さなビーチがあり、左上にはボートが岸で座礁した、ひどい有様の2人の漁師が描かれている。背景、左にある崖はエトルタにて現在も見ることができる。崖の岩層はブラシの水平線によって表現されている。最後の要素である絵の上部は空を表しており、雨のカーテンを表す方法で塗られている。

《エトルタ、荒れた海》の基本情報

  • 制作者:クロード・モネ
  • 作品名:エトルタ、荒れた海
  • 制作年:1883年-1883年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:リヨン美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:100cm
  • 横幅:81cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部