作品概要

エプト川の舟遊び(エプト川のカヌー)》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1890年から1890年で、サンパウロ美術館に所蔵されている。

「エプト川の舟遊び」は、「The Canoe on the Epte(エプト川のカヌー)」としても知られている作品。

1887年から1890年にかけて、クロード・モネはエプト川の場面を描写することに力を注いだ。オシュデ姉妹、スーザンとブランチが一連のエプト川作品のためにポーズを取った。クロード・モネの芸術とコレクターの後援者であり、姉妹の母である、アリスはのちにクロード・モネの二番目の妻となった。アリスの前夫は銀行家アーネストだった。

サンパウロ美術館にある本作品は、クロード・モネ本人から批評家であり友人のジェフロアへ送られた手紙に登場している。手紙の中でクロード・モネは「私は波打つ植物が底の上にある水を表現することにまた悩まされている」と述べてる。実際、本作品「エプト川の舟遊び(エプト川のカヌー)」の他に類のない特徴の1つは水の表現方法である。この作品でクロード・モネは実質性を表現しているが、水のこの新しい視覚の表現方法はこののち30年後、1918-1924年の間に作成された絵画に再度現れている。

カメラマン・ナダールとクロード・モネの間にあった友情と写真撮影に対するクロード・モネの本当の関心は、水面でボートの動きによってもたらされる焦点がずれた結果だけでなくオシュデ姉妹の中にあると構成のフレーミングは証明している。

《エプト川の舟遊び(エプト川のカヌー)》の基本情報

  • 制作者:クロード・モネ
  • 作品名:エプト川の舟遊び(エプト川のカヌー)
  • 制作年:1890年-1890年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:サンパウロ美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:133cm
  • 横幅:145cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部