作品概要

キャピュシーヌ大通り》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1873年から1873年で、ネルソン・アトキンス美術館に所蔵されている。

《キャピュシーヌ大通り》は、フランスの印象派画家、クロード・モネによって1873年に描かれた油彩作品である。

1860年代後半から、クロード・モネとその仲間たちの画家は、保守的な考えの人々が集まるパリのサロンの展示会から閉め出されていた。1873年の後半、芸術運動の一環としてクロード・モネとその仲間の画家たち(ルノアール、ピサロ、シスレー)は、パリのサロンから独立して彼らの美術品を展示する組織を設立した。

彼らの初の展示会は1874年4月に行われ、この当時から印象主という言葉が使われるようになった。名前の由来としてはクロード・モネの作品「印象・日の出」から生まれた。

展示会にはパリのサロンで展示を拒否された作品「昼食」(1868年)も並んだ。それ以外にも展示会には本作品《キャピュシーヌ大通り》も展示された。作品は35番街にあるカメラマン・ナダールのアパートから描かれた。現在本作品はアメリカ・ミズーリ州カンザスシティにあるネルソン・アトキンス美術館が所蔵している。

クロード・モネは本作品と同じ題材を2度描いたのではないかとされているがどの作品かは明らかになっていない。現在モスクワのプーシキン博物館の作品、またはネルソン-トキンス美術館に所蔵されている本作品のどちらかが1874年のパイオニア的展示会で展示されたという説もある。モスクワの作品は最近修復がなされた。

《キャピュシーヌ大通り》の基本情報

  • 制作者:クロード・モネ
  • 作品名:キャピュシーヌ大通り
  • 制作年:1873年-1874年
  • 製作国:フランス
  • 所蔵:ネルソン・アトキンス美術館 (アメリカ)
  • 種類:油彩
  • 高さ:80.3cm
  • 横幅:60.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部