作品概要

サン・タドレスのレガッタ》は、画家のクロード・モネによって描かれた作品。制作年は1867年から1867年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

この作品とシカゴ美術館所蔵の「サン・タドレスのビーチ」は一組の作品として考えられたとされている。2つの作品の大きさはほぼ同じで視聴点はほんの数センチだけ異なっている。曇りの干潮にあって、一組はぱりっとしたブルジョワによって満潮で見られるこの日が照っているレガッタ(ボートレース)が描かれている。そして、もう一組には水夫と労働者が住んでいるビーチの上にある釣り舟が描かれている。モネが絵を決して並んで展示しなかったので、彼らとの対比は社会的見解を意図していないのではないかとされている。その代り、同じ場所が描かれることで異なっている状況を絵に反映させたかったのではないかと憶測がされている。

サン・タドレスはモネの父の自宅があった。1867年の夏、貧困のためモネは妻のカミーユと生まれたばかりの息子のジャンと離れ、モネの父と叔母ソフィと共に過ごすことにした。息子が生まれる際には、パリで出産に立ち会い、数日後サン・タドレスに戻った。

1867年6月25日、モネはおよそ20の絵に取り組んでいると報告した。同時に「海の風景の間で、私は、たくさんの小さな帆でおおわれているビーチと外の港でル・アーブルのレガッタ(ボートレース)をしている。」と述べている。

《サン・タドレスのレガッタ》の基本情報

  • 制作者:クロード・モネ
  • 作品名:サン・タドレスのレガッタ
  • 制作年:1867年-1867年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:油彩・カンヴァス
  • 高さ:75.2cm
  • 横幅:101.6cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部