作品概要

厨房女中》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1651年から1651年で、ストックホルム国立美術館に所蔵されている。

『厨房女中(キッチンメイド)』は1651年に作成されたレンブラントの絵画であり、現在はストックホルム国立美術館に所蔵されている。レンブラントの代表作の一つであり、少女を描く鮮やかな色調から、名作との評価が高い。

若い女性が窓のヘリに右手をかけ、左手で頬杖をついている。着用しているのは緩やかな赤の上着で、暗めの頭髪が後ろに撫でつけられ、黄金色の小さな帽子に収められている。締め付けの緩い袖なしの短いブラウスは喉元まで広げられ、胸元に下がる黒いリボンと真珠の首飾りが露わになっている。背景は暗いが、肖像の上から左側に光が当たっており、その半身はほぼ等身大と言ってよい。今の題名になる以前は『不潔』と言う題名で呼ばれていたこともある。

レンブラントが家庭の中で特別なモデルと呼ぶべき人物を囲っていたという推定もありうることではあるが、内縁の妻ともいうべきヘンドリッキェは1651年当時25歳であり、この絵画のモデルとしては少々年配であったと思われる。

17世紀中葉、レンブラントは肖像画と若い女性をモデルにした絵画との中間に位置するような一連の絵画を残しており、頬杖をついた女性をモデルに構図を組み立てた絵画がストックホルム国立美術館に多く所蔵されている。

当絵画のオーナーは18世紀を中心にパリで流動していたようであり、ブロンデ・ド・ガニからラヴァイエール公爵らの間を転々としていたが、1900年にはスェーデン王グスタフ三世のコレクションに加えられ、その後はストックホルム国立美術館の所蔵となった。

《厨房女中》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:厨房女中
  • 制作年:1651年-1651年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ストックホルム国立美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:78cm
  • 横幅:64cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部