作品概要

ヤコブ・ド・ヘイン三世の肖像画》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1632年から1632年で、ダルウィッチ・ピクチャー・ギャラリーに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ヤコブ・ド・ヘイン三世の肖像画』は、モデルであるヤコブ・ド・ヘイン三世とその友人マウリッツ・フイエンスの肖像画とで一対を為すレンブラント作の肖像画で、ひだ襟に黒衣と言う同じ衣装の男性二人が対になる方向に向き合ったものである。レンブラントの肖像画作品の中では最も小さく、その規模から何度も盗難に遭うと言う不運に見舞われてきた。

ヤコブ・ド・ヘインは著名な版画家でハーグ王宮の庭園を設計したこともある父ヤコブ・ド・ヘイン二世から版画技法を学んでおり、父のコネクションから国会議員であるフイエンス家とも親しく交わっていた。若きド・ヘインはコンスタンティン、マウリッツらフイエンス家の兄弟と共にライデンで学び、遊学期間を除いた1634年まではハーグに住み、その後はユトレヒトに移動して聖マリア教会の参事を務めることになる。

フイエンスとド・ヘインはレンブラントに同じ形式の肖像画を依頼し、レンブラントは同じオーク材の板に油彩を描いた。友諠にあふれる二人は先に死んだ者の肖像画を残った者が受け取る約束を交わし、それを各自の絵画の裏面に残している。ド・ヘインの死後に二人は再会したが、マウリッツもド・ヘインの一年後には落命し、詩人であったコンスタンティンは心痛のあまり長きに渡って筆を置くこととなった。年輪年代別測定法分析の結果、レンブラントも同じオーク材の板を用いて自画像を描いたことがわかっている。

六回以上盗難の憂き目にあったこの絵画は、別名『お持ち帰り用レンブラント』とも呼ばれている。

《ヤコブ・ド・ヘイン三世の肖像画》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:ヤコブ・ド・ヘイン三世の肖像画
  • 制作年:1632年-1632年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ダルウィッチ・ピクチャー・ギャラリー
  • 種類:油彩板絵
  • 高さ:29.9cm
  • 横幅:24.9cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部