作品概要

アリストテレスとホメロスの胸像》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1653年から1653年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

『アリストテレスとホメロスの胸像』、或いは『ホメロスの胸像に思いを寄せるアリストテレス』は、レンブラントによって描かれた油彩画である。この絵画にレンブラントが着手したのは1653年で、シチリアはメッシーナ生まれのアントニオ・ルッフォが、特に主題を定めずに作画を要請したことが発端であった。

厭世的な表情のアリストテレスが、盲目の詩人ホメロスの小さな胸像に片手を乗せている。この場面は数多くの解釈を呼んだ。例えば健康に恵まれ、芸術と系統的科学の区別をつけた、あるいは裕福で高名な哲学者が、アレクサンダー大王に授けられた宝石だらけのベルトを纏い、赤貧の盲目詩人を羨んでいる、というものである。この絵画は肖像画の持つ力についてレンブラントが意義を示したものだという説の提唱もある。

系統的科学と芸術との峻別についてはヘルドの注釈が詳しい。すなわちアリストテレスの右手は彼の利き手だと考えられ、ホメロスの胸像に当てられており、アレクサンダー大王より下賜された金の鎖に当てられた手よりも明るく描かれているという見方である。
絵画のモデルについて異論を唱えたのはシモン・シャマである。彼は著書『レンブラントの双眸』で、レンブラントが描いたこの思慮に耽る人間はギリシャの画家アペレスであると主張、アリストテレスであることを否定した。

現在はメトロポリタン美術館に所蔵されているこの絵画であるが、1961年の売買においては230万ドルと言う、当時の公私売買では破格の値がつけられたと言う。

《アリストテレスとホメロスの胸像》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:アリストテレスとホメロスの胸像
  • 制作年:1653年-1653年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メトロポリタン美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:143.5cm
  • 横幅:136.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部