作品概要

ユダヤの花嫁》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1667年から1667年で、アムステルダム国立美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ユダヤの花嫁』は、1667年頃に描かれたレンブラントの絵画であり、とあるアムステルダムの絵画収集家が絵に描かれている内容について「ユダヤ人の父親が娘の婚礼の日に際しネックレスを授けている」と特定した19世紀以降にこの絵画の名称が広まったと言われている。

この見解は今は指示されておらず、男女の素性も明らかにはなっていない。絵画の逸話すら残されていないことがこの絵画の不確実性を際立たせ、この男女が互いに愛し合っているというややお決まりのテーマのみが残された。

男女の素性については、レンブラントの実子ティトゥスとその新妻であるという説から、アムステルダムの詩人ミゲル・デ・バリオスとその妻であるという説まで幅広く、或いは旧約聖書に描かれる男女、例えばアブラハムとサラ、ボアズとルツではないかという説まで存在する。やや説得力がある説は、創世記第26章第8節に描かれるイサクとレベッカではないかと言うもので、この説はレンブラントが同じテーマで作品を残したことに依拠している。

技術的調査の結果、レンブラントは当絵画の着手当初にはより大きく、掘り下げた構図を企図していたという説が提唱されたが、左面下部に残された彼のサインは、完成当時のサイズが現存するそれとは大して異ならなかったことを示している。レンブラントの伝記を著したクリストファー・ホワイトによれば、完成された構図は「絵画史上で最も優れた精神的・肉体的愛が柔らかに結び合う表現」であるという。

現在この絵画はアムステルダム国立美術館に所蔵されている。

《ユダヤの花嫁》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:ユダヤの花嫁
  • 制作年:1667年-1667年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:アムステルダム国立美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:121.5cm
  • 横幅:166.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部