作品概要

二つの円と自画像》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1665年から1665年で、ケンウッドハウスに所蔵されている。

1665年から1669年にかけて描かれたと言われるレンブラント晩年の自画像で、現在はロンドンのハムステッド・ヒース北端にあるケンウッドハウスに所蔵されている。絵を描いている最中なのか、パレットとを腕杖を握っている。狭い空間に部分的に描かれる二つの円と言う暗号めいた背景と絵画の大きさで有名なこの肖像画は、レンブラント晩年の傑作として位置付けられている。

絵の中でレンブラントは毛皮の縁取りを施したローブを羽織り、その下に赤い服を纏い、頭には晩年の自画像を描く時に着用した白い帽子を被っている。他の肖像画と異なり、レンブラントは臀部に片手を当て、向こう正面にふんぞり返る様な姿勢を取っている。その姿はあたかも達人が自らの才を主張しているかの様でもある。

晩年のレンブラント自画像群と同じく、この作品もまた構図を練られ、一方で細部においては未完成なままである。顔および帽子の右側の部分には色調の中間層としてグレイの層が塗られ、その上によく光る部分と濃い影の強調が加えられており、何度か湿った絵の具から絵の具へ素早く筆捌きが加えられたと考えられる。シャツの襟、左の眉、口髭などに加えられた描線は、絵の具が乾く前に「描いた」ものである。両手、ブラシ、毛皮縁のガウン(タバード)はかなりの速さで描かれている。レンブラント自身がこの部分を描きあげる上で異常に力んだかどうかは定かではないにしろ、絵画全体に伝わる力感は、完成に込める十分な意気込みを物語る。恐らくは自伝的かつ象徴的な肖像画にはない、より根本的な表現を彼は求めていたのではないか。

当時レンブラントは画家のシテの注文が減り続ける中でも、その探究心は衰えることなく自らの絵画制作に役立ちそうなものなら片っ端から購入していってしまったそうで、彼の浪費癖は家計逼迫の原因でもあった。また、作者の背後に書かれている2つの円についても、いくつかの議論がある。

当時の地球儀や天球儀・世界地図などでも同じような円が描かれていたことからこれらの円を現世の象徴であるとする説、絵画の祖ジョットに関連した技巧的な顕示説(逆説としてアイロニーを込めたとする解釈もある)、アレクサンドロス大王に仕えていた古代の偉大な画家アペレス説、など様々な説が唱えられている。

この作品には署名や日付の記録などがないことから、未完ではないかと憶測されており、近年のX線調査により、元々の構図は作者がパレットと絵筆を持っている左手を上げて、絵を描こうとしている場面であったことが明らかになっている。

《二つの円と自画像》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:二つの円と自画像
  • 制作年:1665年-1669年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ケンウッドハウス
  • 種類:油彩
  • 高さ:114.3cm
  • 横幅:94cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部