作品概要

ポーランドの騎士》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1650年から1650年で、フリック・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

『ポーランドの騎士』は、ほの暗い荒野を鞍上に旅する青年を描いた1650年前後の絵画であり、現在はニューヨークのフリック・コレクション美術館に所蔵されている。背景の描き方の完成度が低い割に品質は神秘的であり、何処の誰を描いたもので、どのような意図があり、誰によって描かれたのかには未だに議論が多い。

20世紀に入るまでこの絵画はレンブラントの筆による絵だと言うのが通説であったが、1984年、レンブラントリサーチプロジェクトのメンバーであったブリューンが、レンブラントの門下生ウィレム・トロストの作品に見られる特徴と本作の技法との関連性から、レンブラント作の真贋に異論を立てた。しかしブリューンの説は所蔵者であるフリック自身の拒絶等に合い主流には受け入れられず、また1998年にはプロジェクト自体がブリューンに反して「レンブラントの着手は疑いないものの、その後彼によって放置されたこの絵画を別の画家が仕上げた可能性はありうる」と結論付けている。

肖像のモデルについても、それが実際のモデルを描いたものかそうではないのかを含め、多数の主張が林立した。18世紀にこの絵画を所有していたポーランド人神学者スツリチチンは、ポーランド・リトアニア共和国オジンスキ家のマルツイアン・アレクサンデル・オジンスキがモデルであると主張した。

旧約聖書のダヴィデから放蕩息子、果てはティムールやトルコ征討の勇者である中世オランダの英雄ギースブレヒト四世に至るまで、当絵画のモデルについての主張は枚挙に暇がなく、20世紀に下るとモデルはハンガリー人である、或いはレンブラントの息子テイトゥスであるという論まで現れている。

《ポーランドの騎士》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:ポーランドの騎士
  • 制作年:1650年-1655年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:フリック・コレクション
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部