作品概要

レディ・メイドの花束》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1956年から1956年で、大阪新美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ルネ・マグリットの作品を通じて実行している中心的な考えは、絵画は詩でなければならないということで、そしてその詩は謎を呼び起こす必要があると考えていた。 キーワードは「謎」。 それを明らかにするのではなく、それを呼び起こすために – 彼の全作品で、この謎を起動しようとする試みがなされている。

しかし、単に「謎とは何ですか?」では、十分な定義にはなっていない。それらのすべては、明白に隠された何か、秘密の何かという考えに繋がっている。それらのいくつかはまた、宗教や神秘的な意味合いでマークされている。 言い換えれば、教会または、宗教の教義によれば、これらの「謎」を浸透させるためにいくつかのイニシエーションを受け取ることが必要で、またはそうでなければ彼らは永遠に人間の理解にアクセスできないままであり、そのまま受け入れられる必要がある。これは、秘跡としてのキリスト教の修行を意味し、特にマグリットに比べて一般的にはシュルレアリスムよりも難解なドメインである。

山高帽の男は背中をむけ、サンドロ・ボッティチェッリの「春」に描かれている女神フローラを彼の前に配置させた。この作品では、部分的にその前に小さい物体を配置し、したがって、より大きな画像への鑑賞者の完全なアクセスを拒否することにより、オブジェクトを非表示させている。

この作品でマグリットは、「男は雲や木や家のように見える幻影である。私は彼の重要性を否定しませんし、かといって私は世界が視覚的に提供している任意の卓越性を与えてもいない。」と述べている。

《レディ・メイドの花束》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:レディ・メイドの花束
  • 制作年:1956年-1956年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:大阪新美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:61.3cm
  • 横幅:48.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部