作品概要

人間の条件》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1933年から1933年で、ナショナルギャラリーに所蔵されている。

マグリットが最も一般的に使用した手法の一つが、その背後にあるものを非表示にするために物を使用することだ。隠れてものが見えない、隠れているものが見える、という両方を一度に両立した作品で、 例えば、「人の子」(1964)の中では、山高帽を身に着けている人の顔をリンゴで隠し、「快楽の原則」(1937)では明るいフラッシュにより、顔をあいまいにしている。「人間の条件」では、絵の中に絵を表示させている。

マグリットは、1933年の作品でこう述べている。:

部屋の内側から見た窓の前に、私は絵で覆われた風景のまさにその部分を表す絵を置きました。 このように、絵の中の木が部屋の外にある木を隠しました。鑑賞者にとっては、絵の中の部屋の内側と外側の現実の風景の両方があるのだ。

マグリットの作品では絵の中の絵が頻繁に使われている。 “Euclidean Walks”(1955)が「人間の条件」にもっとも近い作品で、高い窓の前にキャンバスが置かれ、近くの高い建物や眼下に見える通りを描いている。”Fair Captive”(1947)では、ビーチのところにイーゼルを配置している。

他の作品と同様に鑑賞者がその背後にあることを期待しているものをキャンパスに描いたものだ。今回の場合は、フレームの前に燃え上がるチューバには反射が使われている。「ピークのコール」(1942)では、カーテンの右側に山の頂が連なり、山前にキャンバスが配置されている。

《人間の条件》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:人間の条件
  • 制作年:1933年-1933年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ナショナルギャラリー
  • 種類:油彩
  • 高さ:100cm
  • 横幅:81cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部