作品概要

9月16日》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1956年から1956年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

木は彼の作品でよく使われるモチーフである。

マグリットはこのように述べている。

「地球から太陽に向かって成長していく、木は特定な幸せのイメージなのだ。この作品を知覚するために、我々はツリーのように不動でなければならない。私たちが動いているときは、木が鑑賞者になるのだ。 それは同じように私たちの生活の多かれ少なかれ椅子や、テーブル、ドアの形状の興奮した光景の証人なのだ。 棺になった木は、土の中に消える。 それは火に変換されると、空気中で消滅する。」

ここで、マグリットは、木の前で三日月を重ねて描いている。アーティストは、このちぐはぐに置かれたオブジェクトのことを彼の意図的な並置「客観的な刺激」といった。この作品について、マグリットは “私はちょうど夜の青灰色の木の上に、月を描いています。”と観察している。 それらが完了した後に、マグリットは絵画のタイトルが決定した。

タイトルはマグリットの友人、シュルレアリスム詩人ルイ・スクテネアのアイデアであった。不安定な建物は、アーティストが物理学の法則を覆すために、同様に非常に深く、共通の文化に根ざしたイメージを鑑賞者の認識に質問しようとしています。

《9月16日》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:9月16日
  • 制作年:1956年-1957年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人蔵
  • 種類:油彩
  • 高さ:50cm
  • 横幅:60cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部