作品概要

自然の驚異》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1953年から1953年で、シカゴ現代アート美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ルネ・マグリットは、最もよく知られたシュルレアリストで、先見の明がある彼の作品は、マルセル・ブロータス、ロバート・ゴーバー、およびアランマッカラムだけでなく、多くの広告や人気のある映画に影響を与えている。 「自然の不思議」は、マグリットの詩的感性を完全に表現している。

ここで彼は歌と結んで2つの人魚の恋人を描いている。 絵は仲間でシュルレアリスムのサルバドール・ダリとの親和性を裏切り、マグリットの奇妙な性的に挑発的な作品よりも気まぐれでユーモアな感性を伝えており、現代的なカタロニアだ。

従来の人魚とは逆に魚の尾が人の足で、頭が魚になっていて、非現実的な空想の生き物を作っている。石化されているにも関わらず、人間の品質をもち、非常に生命力あふれているように見える。この作品が、1950年代を通して、自然の七不思議の画題として、マグリットが石化を使っている一番の例だ。 作品では、またそのような中で初陶業した地平線と、海によって切り取られた空が幽霊船の形になっていて、「集団発明」(1935)や「女たらし」(1950)の作品の視覚的要素が含まれいる。

最近の研究では、マグリットの唯一行方不明であった作品が確認でき、作品のテーマが人魚であり、1953年のブリュッセルのラ・シレーヌで個展が開かれていたことから、この時期のことを「自然の七不思議」期としている。

《自然の驚異》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:自然の驚異
  • 制作年:1953年-1953年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:シカゴ現代アート美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:78.5cm
  • 横幅:98.1cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部