作品概要

光の帝国》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1953年から1953年で、ソロモン・R・グッゲンハイム財団ペギー・グッゲンハイム・コレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

「光の帝国」はマグリットが制作したシリーズもので、1953年と1954年の間に制作している。

夜の街路の逆説的なイメージを描いているが、明るい日中の空の下で一つだけ街路灯が点灯している。この作品は、1973年のホラー映画「エクスシスト」に影響を与え、父メリンがマクニールの家の前に立っている形で、ホームビデオだけでなく、ポスターでも使用されている。

「光の帝国」では、多数のバージョンが存在していて、ニューヨーク近代美術館やベルギー王立美術館が所有している。

暗い、夜間のストリートシーンに対して、パステルブルーで光降りそそぐ空にふわふわ積雲に焦点があたっている。昼と夜の逆説的な組み合わせが素晴らしい要素でマグリットは生命の基本的前提をひっくり返している。太陽の光や空の明るさは、通常の道理よりもさらに不可解な空の下の闇を作り、不安にさせている。奇妙な対称は、1920年代半ば以降、人間味や正確なスタイルとして扱われ、シュルレアリスム絵画の典型としてマグリットがよく使用している。

マグリットはこの作品について、以下のように述べている。
「光の帝国の中に、私は相違するイメージを再現した。つまり夜の風景と白昼の空だ。風景は夜を起想させ、空は昼を起想させる。昼と夜のこの共存が、私たちを驚かせ魅惑する力をもつのだと思われる。この力を、私は詩と呼ぶのだ。私はいつも夜と昼へ関心をもってきたが、決してどちらか一方を好むということはなかったからである。」

《光の帝国》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:光の帝国
  • 制作年:1953年-1954年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ソロモン・R・グッゲンハイム財団ペギー・グッゲンハイム・コレクション
  • 種類:油彩
  • 高さ:195.4cm
  • 横幅:131.2cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部