作品概要

陵辱》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1934年から1934年で、メニルコレクションに所蔵されている。

マグリットの作品の多くに描かれているものの一つが、彼の母親である。

彼が14歳の時に、母親はサンブル川で自殺して、引き上げられた。その時、彼女のネグリジェが顔にだけまとわりついていて、裸は露わになっていたのだ。

非常に若い頃にマグリットの母親が溺死したことで、マグリットの画家人生の最高のたとえとして「陵辱」が挙げられる。母親が発見されたときに彼女の裸が丸見えなのに、顔は彼女のガウンによってベールに包まれていたことが大きく影響している。したがって、「陵辱」は主に三つの解釈が生まれている。:

1.女性の顔の特徴は、裸の女性の胴体と骨盤に置き換えられている。それは最初に男性が女性を見るときと同じだと示唆している。これは、男性が通常見ることになる女性の顔から性的なイメージを作っているということだ。その考えが「陵辱」という作品名にも示されている。

2. 第二に、それは母親の死を描いているとするもので、彼女の裸の遺体は顔だけ覆われていたことという事実を描いただけというものだ。

3. 第三に、まったく別の考えだ。首と頭が非常に平坦で男根を表しているということに気付くかもしれない。髪もまた、おそらく陰毛ように不自然な外観を持っている。これは、最も印象的な見方であり、おそらくマグリットが示唆しているのは、彼の作品で人を驚かさせたり、挑発したかっただけかもしれない。

この作品が、女性の首の部分が男根をあらわし、顔である女体に首である男根が突き刺さっている状態、つまり、文字通りレイプしている状態を示しているというものだ。

《陵辱》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:陵辱
  • 制作年:1934年-1934年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:メニルコレクション
  • 種類:油彩
  • 高さ:54.6cm
  • 横幅:73.3cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部