作品概要

イメージの裏切り》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1928年から1928年で、ロサンゼルス・カウンティ美術館に所蔵されている。

パイプの絵ではあるが、絵の下には「これはパイプではない」と書かれている。

マグリットは、 「有名なパイプだ。どんなに人々はパイプのために私に近づいてきたことか! そして、まだ、あなたは私のパイプをたばこを詰め込むことができますか? いいえ、できない。それだけで表現だ、そうではありませんか? だから私は、私の絵に書かれていたときに「これはパイプである」と嘘をついていきたいと思います」と語っている。

彼が30歳の時に、この「イメージの裏切り」を描いた。彼いわく、これは、パイプのイメージ(絵)であって、パイプそのものではないから『これはパイプではない』のだそう。彼にとって絵は精神分析の道具ではなく、哲学なのだ。

「絵画とは現実を正確に複製した写生ではない。だから自分で描いたパイプは厳密にはパイプではないのだ」と彼はいう。 このパイプのテーマと「これはパイプではない」の文言は彼の1966年の作品「両方の謎」でもまた使われている。

作品の中で、時々パラ言語としてメタメッセージの例が与えられていて、コージブスキーの言葉“言葉はものではありません”や“地図は領土ではありません”と比較される。

《イメージの裏切り》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:イメージの裏切り
  • 制作年:1928年-1929年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ロサンゼルス・カウンティ美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:93.98cm
  • 横幅:63.5cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部