作品概要

偽りの鏡》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1928年から1928年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「偽りの鏡」は芸術家の認識と観る者に挑戦するシュルレアリスムにとって忘れられない作品だ。

まつ毛のない大きな瞳孔の中がフレームとなり、明るい雲が浮かぶ空が描かれている。柔らかい曲線と雲の自然な形に対して瞳孔のハードな形は、白と空の青の色のコントラストに、そして形のコントラストが鮮明になり、死を意味している。

この作品は、形状の水平と垂直の両方の対称性のバランスを見つけることができる。この絵の中で対称性を表す全てのものが瞳孔の中で他の部分との対称となり、作品の焦点と重点として組み合わさり目に起因している。 興味深いことに、マグリットはフォーカルポイントとしてソリッドカラーのシンプルな形状を選択することだ。

おそらく、マグリットの関心の中心は実際にない瞳孔ではなく、瞳孔と空の間のフロンティアである。 より重要なことは、両者の区別。 空は目の一部か?空は目に映ったものを反射しているのか?目は空を見るためのガラスなのか?

空を見るためのレンズとして人間の目を選択することにより、マグリットは人についての疑問を何か他のものへと、視覚的な接続を目として表し、文字通り比喩的に空を世界として表して提起している。哲学、人間が世界を知覚する方法、彼らの位置、そのいずれかは人間の状態を理解するためには不可欠である。

瞳孔に対して黒い瞳のハードコントラストが瞳の後ろに空が実際をあることを示唆している。この現実によれば、この目で見ることによって、空は確かに目を通って脳が見ているように思われる。人間の内部は、その後の世界の内容なのだ。世界は人間の想像力と創造の唯一の商品ともいえる。

《偽りの鏡》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:偽りの鏡
  • 制作年:1928年-1928年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ニューヨーク近代美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:54cm
  • 横幅:81cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部