作品概要

人の子》は、画家のルネ・マグリットによって描かれた作品。制作年は1964年から1964年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

「人の子」は1964年にベルギー人のシュルレアリスム、ルネ・マグリットによって描かれた。これは彼の自画像である。コートを着て山高帽をかぶった男が低い塀の前に立ち、後ろには海と曇り空が描かれている。彼の顔は大きな青りんごによって隠れてしまっている。しかし、目だけはりんごの隅よりちらっと覗いている。他の特徴としては彼の左腕が肘で後ろへ折れ曲がって描かれていることだ。

マグリットは絵について、以下のように語っている:

「少なくも顔が十分隠れているので、あなたは見かけの顔、りんご、隠れているけど見えるもの、人の顔の4つを持っていることになる。このようなことはよく起こりえる。他のものによって隠されているもの全てにおいて、人は見えてものの後ろに隠れているものを見たくなる。そこには隠されているものや見えているのに見えないものに関しても関心が存在する。この関心は、見えているけど見えないものや目に見えて存在しているもののいわば葛藤のような強い感情をかたどられている」

この作品で使われているモチーフはいくかは他の作品でもよく使われていて、他の作品と連作ではないかと言われている。“The Great War on Façades”はよく似た構造となっている。両方とも人が低い塀の前に立ち、後ろに海を望む。”The Great War on Façades”では、女性が傘を持つ、彼女の顔が花で覆われている。「山高帽の男」という作品でも、同じような構図だが顔の前にはりんごではなく鳩がいる。珍しい方法で通常あるものを並べるのがマグリットの絵の重要なテーマである。

《人の子》の基本情報

  • 制作者:ルネ・マグリット
  • 作品名:人の子
  • 制作年:1964年-1964年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人蔵
  • 種類:油彩
  • 高さ:116cm
  • 横幅:89cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部