作品概要

裸のマハ》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1797年から1797年で、プラド美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

1797~1800年、スペイン画家フランシスコ・デ・ゴヤ作のキャンバスに描かれた油絵。ベッドの上で枕に横たわる女性の裸像画である。おそらくマヌエル・デ・ゴドイに、彼のヌード画のための個人的な収集保管室用に制作依頼されたものであった。ゴヤは全く同様のポーズで衣服を纏っている同じ女性の対の絵を創作した。それは今日、「着衣のマハ」として知られており同じくプラド美術館に所蔵され、通常「裸のマハ」の隣に展示されている。「着衣のマハ」の被写体は衣服を着せたマハであるということが確認される。

この画は観覧者の方を真っ直ぐに、恥じることなく見つめるモデルの視線でよく知られている。初期西洋画作品の中で、売春婦のイメージにあるような明らかに否定的な意味合いをもたず、裸婦の陰毛を描いたことでも引用される。この作品でゴヤはキリスト教会の権威をひっくり返しただけではなく、公衆の興味をくすぐったのは勿論、当時の芸術的視野を広げたのだ。1901年より、マドリードのプラド美術館に保管されている。

同じサイズの二つの「マハ」があるが、着衣のモデルの体は、より大きなスペースの比率を占めており、美術史家ジャニス・トムリンソンによれば、‘内気な’裸婦像に比べ対照的に皮肉にも図々しくされ彼女の体は大胆に圧縮されているように思われるという。

この画はスペイン美術におけるたくさんのヌード画の伝統をもたらし、特に彼女の大胆な視線は、はっきりとした形で重要なひとつの分岐点をしるしている。さらに当時の衣装をまとった女性を描いている作品は、例えばベラスケスの鏡のヴィーナスのように架空の(神話的)テーマではないということを明らかにしている。ベラスケスが背中だけのヴィーナスを描いている一方、ゴヤの画は正面全体を描いている。

1808年、首相であるゴドイが多くの裸婦像画を所蔵していたことがわかり審問があり、わいせつで公的に偏見を抱かせるとしてタイタンのダナエの一連作やベラスケスの鏡のヴィーナスと共に裁判に引き出され押収されたが、前出の称賛を博した過去の芸術作品を踏襲したものとして、ゴヤは起訴されることはなかった。

モデルはゴドイの若い愛人ペピータ・トゥドーと推測されている。ゴヤと恋愛関係にあった13代アルバ公爵夫人であるともされているが、多くの学者はこの可能性を否定しており、数人の女性を合成したものともいわれている。

西洋美術で、初めて実在の女性の陰毛を描いた作品といわれている。そのため、当時のスペインでは問題になった。この絵が誰の依頼によって描かれたかを明らかにするために、ゴヤは何度か裁判所に呼ばれた。ゴヤは他人から依頼を受けて絵を描くことが多かったからである。しかし、結局、ゴヤが口を割ることはなかった。

『裸のマハ』『着衣のマハ』の2点ともに、首相であったマヌエル・デ・ゴドイの邸宅から見つかっている。そのため、ゴドイの依頼を受けて描かれたものと言われている。裁判の後、絵は100年弱の間、プラド美術館の地下にしまわれた。公開されたのは、1901年のことであった。

モチーフの女性は誰か

モチーフの女性が誰であるかについて、ゴヤは明らかにしていない。マハ(maja)とは、「小粋な女(小粋なマドリード娘)」という意味のスペイン語であり、人名ではない。

彼女らは、この地方独特の歯切れの良い発音と言い回しで、若い男と戯れ、時には自由奔放な生活を楽しんだ。そのため、しばしば議論の対象となるが、主に2つの説がある。1つはゴヤと関係のあったアルバ公夫人マリア・デル・ピラール・カィエターナ(カイェテナ)を描いたとする説。もう1つはゴドイの愛人であったペピータ(スペイン語版)を描いたとする説である。

《裸のマハ》の基本情報

  • 制作者:フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名:裸のマハ
  • 制作年:1797年-1780年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:プラド美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:97cm
  • 横幅:190cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部