作品概要

自画像》は、画家のレオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた作品。制作年は1512年から1512年で、トリノ大王図書館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

“1510年頃、ルネサンス期に活躍した画家レオナルド・ダ・ヴィンチが自ら描いた自画像といわれている。

作品制作時の年齢は60歳ごろとされている。紙に赤チョークで右下向きの白髪でほりの深い老人の顔がドローイングで描かれているが、これはダヴィンチが左利きであったためだとされる。

トリノのトリノ王立図書館にて所蔵されているが、劣化が進んでおり一般公開はされていない。作品に描かれた老人がダヴィンチではないという説もある。この肖像画ダヴィンチであると広まった背景には、ダヴィンチをモデルとして描かれたルネサンス期に活躍したラファエロの”アテナイの学堂”にかかれたプラトンと肖像と風貌は酷似していたことや、ヴァリザーリの著書”画家・彫刻家・建築家列伝”にはダヴィンチの肖像として自画像と似た人物が描写されていたからである。

60歳としては老けこんでいるため、研究ではこの自画像はダヴィンチ本人ではなく80歳父のピエロか叔父のフランチェスコを描写したのではないかという説もあるが確証にはいたっていない。

ダヴィンチの肖像は同年代の画家によって多数描かれており、弟子であったフランチェスコ・メルツィが1510年頃描いたダヴィンチの肖像画には自画像と似た白髪のほりの深い老人の姿が描かれている。”

《自画像》の基本情報

  • 制作者:レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • 作品名:自画像
  • 制作年:1512年-1512年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:トリノ大王図書館
  • 種類:紙・赤チョーク
  • 高さ:31.3cm
  • 横幅:21.6cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部