作品概要

記憶の固執の崩壊》は、画家のサルバドール・ダリによって描かれた作品。制作年は1952年から1952年で、ザ・ダリ・ミュージアムに所蔵されている。

詳細な画像を見る

本作は1931年に描かれたダリの代表的な作品《記憶の固執》を描きなおしたものである。キャンバス地に油彩で描かれており、25.4cm×33cmとサイズ的には小さい作品である。

正式名称は《記憶の固執の調和した崩壊が始まっている高度に着色された魚の目の染色体》である。

量子力学との関係

このバージョンでは原作の景色は水の氾濫によって沈んでしまっている。水面の上下で起こっている出来事が描かれており、カダケスの景色は水の上に漂っている。

原作で平野や岩だった部分は、ブロックのような構造に変わっており、お互い距離を保って浮かんでいる。これは物質が原子へと崩壊する様を表しており、当時注目されつつあった量子物理学との関係が見受けられる。

原子ミサイル

ブロックの背後には、ツノ状のものが飛んでいく様が描かれており、原子ミサイルを象徴している。こうした表現により、地球には秩序が存在するにも関わらず、人類は自分たちの破滅をもたらそうとしていることが強調されている。この作品が作られた背景としては、ダリの原子物理学への傾倒が挙げられる。

原子爆弾とダリ

1945年の8月に最初の原子爆弾が投下されると、ダリは原子物理学に興味を抱くようになった。ダリは原子について「お気にいりの思考の糧」だと述べており、『ポルト・リガトの聖母』などこの時期のダリの様々な作品にその影響が見て取れる。

物質は原子で構成されており、互いに触れ合うことはないと知り、ダリは彼の作品においてその現象を表現しようとした。本作では等間隔で浮遊するブロックの集合や後方へ飛んでいくミサイルのようなモチーフに、そうしたダリの原子物理学への傾倒を見て取ることができる。

《記憶の固執の崩壊》の基本情報

  • 制作者:サルバドール・ダリ
  • 作品名:記憶の固執の崩壊
  • 制作年:1952年-1954年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ザ・ダリ・ミュージアム
  • 種類:油彩
  • 高さ:25.4cm
  • 横幅:33cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部