作品概要

着衣のマハ》は、画家のフランシスコ・デ・ゴヤによって描かれた作品。制作年は1800年から1800年で、プラド美術館に所蔵されている。

着衣のマハ(スペイン名:La maja vestida)は、スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤよって1800年から1805年の間に描かれた絵画である。キャンバスに油彩で描かれたもので、サイズは縦97cm・横190cmである。

その以前の1797年から1800年の間に描かれた「裸のマハ」の、衣服を着た対の絵として描かれており、スペインのマドリードにあるプラド美術館の同じ部屋に隣り合わせて展示されている。その絵は初め、女道楽に貪欲なことで知られていた首相のマニュエル・デ・ゴドイに所有されており、元々は彼の家の中に、ある時には「裸のマハ」が現れるような方法の滑車の装置の助けをかりて、「裸のマハ」の画の前側に掛けられてカモフラージュされていた。

「着衣のマハ」は、二度マドリードにあるサン・フェルナンド王立美術アカデミーのコレクションとなった。また、1814年から1836年の間には首相であるゴドイの裸婦コレクションがスペインの宗教裁判の審問を受けたことにより、「裸のマハ」とともに押収されていた。そして1901年から現在に至り、プラド美術館に所蔵されている。

また、「裸のマハ」はスペインの切手にもなっている。

《着衣のマハ》の基本情報

  • 制作者:フランシスコ・デ・ゴヤ
  • 作品名:着衣のマハ
  • 制作年:1800年-1805年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:プラド美術館
  • 種類:油彩
  • 高さ:97cm
  • 横幅:190cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部