作品概要

ヌード、観葉植物と胸像》は、画家のパブロ・ピカソによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

「ヌード、観葉植物と胸像」は1932年にパブロ・ピカソが自身の愛人であるマリー=テレーズ・ワルテルを主題として描いた作品である。
 この作品は、約60年間にわたって、ロサンゼルスの絵画コレクター、シドニー、フランシス・ブロディ夫妻の個人コレクションであったが、1億650万ドルの値で売り出された。これは、オークションに出品されたアート作品のうち、史上3番目に高額である。
 現在は、ロンドンのテート・モダンで、美術館所蔵の他のピカソ作品と共に展示されている。

《ヌード、観葉植物と胸像》の基本情報

  • 画家パブロ・ピカソ
  • 作品名ヌード、観葉植物と胸像
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者