作品概要

ラヴァルの横顔と静物》は、画家のポール・ゴーギャンによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

ラヴァルの横顔と静物は、フランスの芸術家ポール・ゴーギャンの1886年作の油彩画である。インディアナ州インディアナポリス市にあるインディアナポリス美術館所蔵。ゴーギャンの友人シャルル・ラヴァルの横顔と静物、そしてゴーギャン作の陶器のポットが描かれている。

 この横顔と静物の組み合わせはゴーギャンの敬愛するさまざまな芸術家のよさを取り込む才能を見せつけている。例にとると、ラヴァルのぶっきらぼうな表情が切れているのは、中心からずれた描写や妙な果物の構図はエドガー・ドガへの敬意を表わし、一方、静物の置き方と水平な筆触(タッチ)はポール・セザンヌの作品の果物に耳を澄ました感じが表れている。彼らのようにとても賞賛に値する芸術家に加え、ゴーギャンは自分が造った奇怪な陶器の形を構図に入れ、その一風変わった物をラヴァルがいぶかしげに観察してるといったものだ。(当時の)現代様式と静物のそれぞれのジャンルで高名な二人の芸術家の様式をわざと取り入れ、それゆえに、調和を欠いてる。その代わり、ゴーギャンはこれらを崩したままにして、この絵に統一性がなくても、創造性に挑戦した彼の最初の絵画作品のシリーズである。ラヴァルは彼の次の活躍を推測する鑑賞者の代わりなのである。

《ラヴァルの横顔と静物》の基本情報

  • 制作者:ポール・ゴーギャン
  • 作品名:ラヴァルの横顔と静物
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部