作品概要

ファン・ゴッホの椅子》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1888年から1888年で、ロンドン・ナショナル・ギャラリーに所蔵されている。

1888年11月の作品で、アルルでゴッホが住んだ黄色い家の部屋に置かれた椅子を描いている。椅子の上に置かれているパイプはゴッホの愛用のもので、自画像にもしばしば描かれている。「ゴーギャンの肘掛け椅子」と同時期の対の作品と言われ、そのモチーフの椅子が対照的に描かれている。

ゴッホは、32歳になってオランダからパリに移住したが、パリの生活はゴッホにとって充実した日々ではなかった。やがてゴッホはパリを離れ、画家として理想を志し田舎町のアルルを訪れ、芸術家の仲間と共同生活を始めるつもりだった。その折に、ゴッホが友人として慕っていたのがポール・ゴーギャンである。1888年10月にゴッホとゴーギャンの共同生活が開始した。

当時、ゴッホは4歳下の弟で、画商を営んでいたテオ(テオドラス)の援助を受けていた。ゴッホは聖職者や画商見習いに順応できず、その後精神を病みながらも絵画に打ち込む間、長期にわたってテオから支援を受けた。テオは、兄の絵がいつか売れる時が必ず来ると、信じた最初の理解者であったことは、よく知られている。

ゴーギャンがアルルに移り住んだのは1888年10月だった。ゴッホは同年2月にすでにアルルに移住して、印象派の画家を招くことを試みながら、テオの支援を受けていたゴーギャンが後に移り住み、二人の共同生活が始まった。しかし、僅か2ヶ月でゴッホが自らの耳たぶを切り落とすという事件により、ゴーギャンはアルルを去り、タヒチに向かった。

《ファン・ゴッホの椅子》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:ファン・ゴッホの椅子
  • 制作年:1888年-1888年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ロンドン・ナショナル・ギャラリー
  • 種類:油彩
  • 高さ:92cm
  • 横幅:73cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部