作品概要

タンギー爺さん(3作目)》は、画家のフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた作品。制作年は1887年から1887年で、個人蔵に所蔵されている。

詳細な画像を見る

全部で3作あるゴッホの《タンギー爺さん》の3作目であり、もっとも優れた作品として知られている。2作目である、ロダン美術館の《タンギー爺さん》に続く作品。

ゴッホがジャポニズムと印象派を融合

本作は、ゴッホがジャポニズムと印象派を融合させ、パリの芸術家コミュニティからの影響も受けた最も進んだスタイル、技術と色彩を取り入れた作品となった。

生来、消極的で陰気な性格であったゴッホ自身が求めて止まなかった晴朗さが示されている。

画風

明るい色とはっきりと描かれた被写体は、これまで暗い性格だったゴッホに変化が生まれていることを感じさせる。タンギーの帽子の上には富士山が描かれており、歌舞伎役者と桜が背景を彩っている。

日本風のモチーフは、ゴッホが模索していた平静さを表しており、実際、妹に向けて書いた手紙には以下のように記されている。

「平静さ保つということは・・・そのことについて深く知っているわけでも、はっきりしているわけでもないが・・・おそらくどんな薬よりも病に効くだろう」

ゴッホは平静さを絵に表すために、落ち着いて瞑想しているようなタンギーを描いたのだ。

来歴

ゴッホは1890年に亡くなり、タンギーはその4年後に他界しているが、タンギーの死後、彼の娘が「タンギー爺さんの肖像画」をオーギュスト・ロダンに売却した。

《タンギー爺さん(3作目)》の基本情報

  • 制作者:フィンセント・ファン・ゴッホ
  • 作品名:タンギー爺さん(3作目)
  • 制作年:1887年-1887年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:個人蔵
  • 種類:油彩
  • 高さ:65cm
  • 横幅:51cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部