作品概要

合奏》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は1664年から1664年で、所在不明に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『合奏』はオランダの画家、ヨハネス・フェルメールによって1664年頃に描かれた作品である。1人の男性と、2人の女性が楽器を演奏している様子が描かれている。

アメリカ、ボストンにあるイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に所蔵されていたが、1990年に盗難に遭い、現在も作品の所在は分かっていない。

このヨハネス・フェルメールの『合奏』は、盗難に遭った絵画の中で最も価値のある絵画だと考えられており、その額は2億ドル以上だと見積もられている。

『合奏』は、ハープシコードを座って演奏する若い女性、ルートを演奏する男性、そして歌う女性の3人の音楽家が描かれている。ハープシコードの上を向いた天屋根には、アルカディアの風景画が描かれている。その明るい色合いは、壁に掛けられた左右の2つの絵画に比べて目立っている。

一つのヴィオラ・ダ・ガンバが床に置かれている。背景の2つの絵画において、右側の絵画は、ディルク・ファン・バビューレンによって描かれた『取り持ち女』である。この『取り持ち女』は、ヨハネス・フェルメールの『ヴァージナルの前に座る女性』にも描かれており、恐らく『合奏』の6年後に描かれたと考えられている。

左側の絵画はとある田園風景が描かれている。ヨハネス・フェルメールの活躍した当時、オランダの音楽のテーマはしばしば愛・誘惑とつながりのあるものであり、バビューレンの溢れんばかりの性的な絵画により、この『合奏』からもその傾向が分かる。

《合奏》の基本情報

  • 制作者:ヨハネス・フェルメール
  • 作品名:合奏
  • 制作年:1664年-1664年
  • 製作国:オランダ
  • 所蔵:所在不明 (所在不明)
  • 種類:カンヴァス・油彩
  • 高さ:72.5cm
  • 横幅:64.7cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部