作品概要

リュートを調弦する女》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

本作品は保存状態が悪く、画面の傷みが激しい。

題名は『窓辺でリュートを弾く女』とされることもあるが、画中の女性はリュートを弾いているのではなく、調弦しているところである。女性は窓の外を見つめ、誰か(おそらくは恋人)のやって来るのを心待ちにしている風情である。画面の暗さと傷みのためにわかりにくいが、画中にはもう1つの楽器(ビオラ・ダ・ガンバ)があり、向かって右には空席の椅子があることも、やがてやって来る来訪者のあることを暗示している。

鉄道王コリス・P・ハンティントン旧蔵。1925年、現所蔵者の美術館に遺贈。

《リュートを調弦する女》の基本情報

  • 制作者:ヨハネス・フェルメール
  • 作品名:リュートを調弦する女
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部