作品概要

音楽の稽古》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は1662年から1662年で、遷都ジェームス宮殿に所蔵されている。

ヨハネス・フェルメールによって描かれた『音楽の稽古』は、音楽のレッスンを受けている、若い女生徒の絵画である。この絵画は、1662年から1665年の間に描かれたと考えられている。音楽のレッスンは、キング・ジョージ三世以来、イギリスの王室のコレクションの1つである。

しかしながら、その絵画が収蔵されるとき、作者のサインの誤った解釈から、フランス・ファン・ミーリスによる絵画であると信じられていた。学者の中には、この絵画がフェルメールによって描かれたものであるかどうか懐疑的であった者もいたが、1866年までに、テオフィル・トレによってフェルメールの絵画であるとは考えられていなかった。

ジョージ三世は、『音楽の稽古』を購入する予定ではなかったが、ジョージ三世が手にしたかった本にその絵画が含まれていた。その絵画は1969年5月にオランダのデルフトで売られ、ヤコブ・ディシウスの20個のフェルメールのコレクションの1つであった。

この絵画は、のちにベネチアの画家であるジョバンニ・アントーニオ・ペッレグリーニが1718年に手にした。その絵画は、ヘルマン・クーンにより、1968年に調査された。ロンドンのナショナル・ギャラリーのウェブサイトで、色素分析についての資料を閲覧することができる。

『音楽の稽古』は、熟練したフェルメールの作品であり、彼の色彩処理と材料の選択は、彼の熟達ぶりを表している。この絵画は、顔料のウルトラマリンを加えた骨炭を使用し、青みがかった黒色で床が描かれているように、暗い部分が広範囲に渡っている。

《音楽の稽古》の基本情報

  • 制作者:ヨハネス・フェルメール
  • 作品名:音楽の稽古
  • 制作年:1662年-1665年
  • 製作国:オランダ
  • 所蔵:遷都ジェームス宮殿 (イギリス)
  • 種類:カンヴァス、油彩
  • 高さ:74.6cm
  • 横幅:64.1cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部