作品概要

取り持ちの女》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

1656年に描かれ、「取り持ち女」とは「やり手婆」などとも言い、売春婦と客との仲立ちをする女性のこと。
この作品では左から2番目の人物がこれに当たる。
その右にはワイングラスを手にした売春婦と金貨を手にした客がいる。

画面左端にいるもう一人の人物(ワイングラスと弦楽器を持ち、鑑賞者に視線を向けて薄笑いしている)は、フェルメールの自画像とも言われるが、確証はない。

フェルメールの義母(妻の母)マーリア・ティンスは、ディルク・ファン・バビューレン(1590 – 1624)という画家の描いた『取り持ち女』の絵を持っていた。バビューレンの『取り持ち女』は、フェルメールの他の作品、『合奏』と『ヴァージナルの前に座る女』に画中画として登場する。

若き頃の作品であるため、本来奥行きのある作品だがまるで空間の整理が出来ていない。天才も人間味溢れる一人の人間であったことを感じさせる作品である

《取り持ちの女》の基本情報

  • 制作者:ヨハネス・フェルメール
  • 作品名:取り持ちの女
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部