作品概要

信仰の寓意》は、画家のヨハネス・フェルメールによって描かれた作品。制作年は1670年から1670年で、メトロポリタン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

『信仰と寓意』はオランダの画家、ヨハネス・フェルメールによっておよそ1670-1672年頃に描かれた。

現在は、アメリカ、ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵されている。この絵画と『絵画の寓意』は、当時の「ジャンルの階級」の中で、ヨハネス・フェルメールの歴史絵画に分類される唯一の作品である。

しかし、それらの作品はある室内で1人もしくは2人の人物が登場する、フェルメールの典型的な絵画の特徴を持っている。『信仰と寓意』と『絵画の寓意』は、透視図法がほとんど同じであり、それぞれの絵画の左側には、カラフルなタペストリーが配置されているという共通の特徴がある。

また、『信仰と寓意』と『絵画の寓意』はその様式と作風が、他のフェルメールの作品とは著しく異なる。両方の寓意を含む絵画作品は、複雑な意味を持っているが、『信仰の寓意』は通常のフェルメールの自然主義の影響を使用した様式ではなく、他の様式的な手法を使用している。

『絵画の寓意』は、画家とそのモデルの自然主義的な描写であり、またそのモデルのポーズはシンプルであるのに対し、一方『信仰の寓意』のモデルの姿はバロックの劇的表現が使われている。『信仰の寓意』は金色に縁取られた鮮やかな白と青のドレスを着た女性を描いている。彼女は黒と白の大理石の床に置かれた壇上に座っており、彼女の右足は地球儀に置かれ、右手は胸元に置かれている。そして青いリボンで天井から吊り下げられたガラスの球体をうっとりと見上げている。

《信仰の寓意》の基本情報

  • 制作者:ヨハネス・フェルメール
  • 作品名:信仰の寓意
  • 制作年:1670年-1672年
  • 製作国:オランダ
  • 所蔵:メトロポリタン美術館 (アメリカ)
  • 種類:カンヴァス・油彩
  • 高さ:114.3cm
  • 横幅:88.9cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部