作品概要

宰相ロランの聖母》は、画家のヤン・ファン・エイクによって描かれた作品。制作年は1435年から1435年で、ルーブル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ブルゴーニュ公国の宰相、ニコラ・ロランが制作を依頼しており、この奉納肖像画は、宰相ロランの肖像が絵の左側に描かれており、オータンにあるロランの教区教会、ノートルダム・ドュ・シャテル教会に寄贈された。

しかし教会は1793年に全焼、一定期間オータン大聖堂に所蔵されていた後、1805年にルーヴル美術館に移された。

主題

この絵は、聖母マリアが、幼子イエスを宰相ロランに差し出している際に、翼を広げた天使によって戴冠されようとしている場面である。広々としたイタリア風のロッジア(片側に壁のない柱廊)には、豪華な装飾の円柱とローレリーフ(浅浮き彫り)が描かれ、背景には、川のある町が広がる。おそらくブルゴーニュのロランの生まれ故郷の風景が意図的に描かれていると思われる。

宮殿、教会、島、塔のある橋、丘、野原が極めて詳細に、広範囲に描写されており、オータン地方に宰相が所有していた多くの土地の一部が、この見通しの良い景色に含まれていると考えられている。遠くには霞みがかった山が描かれているが、数多くの初期フランドル派の絵画に見受けられるように、丘と山脈の勾配は、その絶大な効果のために、実際よりもはるかに険しく描かれている。

ちょうど柱の外に見える小さな花壇(百合、アイリス、ボタン、薔薇などが確認できる)は、聖母マリアの純潔の象徴である。その向こうには、帽子を被った二人の男性が、要塞化されたバルコニー、もしくは橋にも思える城壁から何かを見ており、「アルノルフィーニ夫妻像」の図案を鑑みると、この二人は、ヤン・ファン・アイク自身と助手ではないかと推測されている。右側の男性は、ロンドンの国立美術館所蔵のファン・アイクと考えられている自画像とそっくりな赤い帽子を着用している。

彼らの近くには、不朽の名声と自尊心の象徴である2羽の孔雀が描かれており、宰相ロランに勝るとも劣らない有力者であることを示唆している。

室内には、中央のポルチコ(柱廊式玄関)と側面の窓から光が差し込み、ファン・アイク特有の複雑な光の描写が見てとれる。宰相は毛皮で縁取られた優雅な衣服を身にまとい、その気骨な性格は画家によってよく表現されている。ロランと同じ背格好で描かれた聖母(伝統的なゴシック画法と比べると、どちらかといえば珍しい)は、赤のマントで覆われており、幼子イエスは左手に十字架を持っている。

柱頭、格子模様の舗道、天使が手にしている宝冠の金細工、もしくは衣服などの細部と表面の質感における描写の完全主義は、ヤン・ファン・アイクの特徴であり、この作品は最も素晴らしいもののひとつである。

他のファン・アイクの作品と同様に、ここでの空間描写は、一見してそんなに単純ではない。他の細部と床タイルを比較すると、人物はロッジアの円柱からわずか182.88センチしか離れておらず、ロランは外に出る時に身を屈ませなければならないかもしれないということになる。ファン・アイクは室内空間を本当に小さく描くが、圧迫感を感じることなく、巧妙にも親近感を保持している。

下絵からの修正

赤外線による探傷図形では、下絵から多くの変更が加えられたことが判明している。ロランは帯から大きなハンドバッグを下げていたが、彼が公職で大変裕福になったことで不適切な表現だと感じられ消された可能性がある。

幼子キリストは元々天井を指差していた。オータンの古い記述によると、この作品の額縁は、初めは幻想的に塗られた木製で、ロンドンにあるファン・アイクの2枚の肖像画のように、一見して献辞が刻まれているようだった。

モチーフ

聖母マリアは幼子キリストを膝に抱き、座っている。

この大変伝統的な主題は「知恵の玉座」として知られ、ヤン・ファン・エイクはこのモチーフを頻繁に用いており、この意味を複雑な隠喩で精巧に作り上げている。聖母の身体はしばしば祭壇に例えられ、そこはすなわち、イエス・キリストがミサ中に現れると信じられている場所である。

この絵画は、元々、宰相ロランの教区教会の礼拝堂の前部にある宰相の座席左側、ロランと祭壇の間に取り付けられていたと思われている。つまり、この絵画の聖母は礼拝堂の祭壇の位置に置かれたことになり、会衆は本物と絵の中の宰相を合わせて見ることができ、宰相と会衆は、祭壇の聖母マリアを見ていたことになる。宰相の前には光に照らされた手書きの本があり、大きなD文字のページが開かれている。

これはおそらく、早祷礼拝の開始の言葉、”Domine, labia mea aperies”(”主よ、私たちの口を開いてください”)であろう。となると、この本は時祷書だと考えられる。

ロッジアの建築物は、ファン・アイクの数多くの作品に見られるように、宰相の全盛期時代に主流であったゴシック様式からかけ離れたロマネスク様式が、豊かで繊細に描写されている。この設定は、おそらく、オータンの架空の建物と”エルサレムの聖なる都”を同時に表現し、言い換えれば、2つの世界から2人の人物が表現され、それらを取り巻く状況が、それぞれの世界をひとつに融合していると思われる。

この作品はロランの息子、ジャンがオータンの司教に任命された時期と関連があるだろうと考えられている。聖母側にある川の横には荘厳な大聖堂、ロランの手のちょうど上には小さめの教会が描かれている。おそらく聖母に捧げられた新しい教会、もしくはロランが多額なお金を寄進した教区教会、ノートルダム・ドュ・シャテル教会を表していると思われる。

この絵画には七つの大罪が描かれており、ロランの頭上、左から「楽園からのアダムとイヴの追放」(傲慢)、「カインによるアベルの殺害」(嫉妬)、「ノアの泥酔」(貧食)が描写され、ロラン後方の円柱には憤怒を表すライオンの頭、円柱とロッジアの土台の間には潰された小さなうさぎが描かれ、これは中世では肉欲を表すと思われていた。

これらのすべての細かな描写はロラン側にのみあり、もう一方側、神の側にはそのような描写は確認されていない。となると、貧欲と怠惰は描写されていないことになる。しかし、ロラン自身の肖像(下絵のハンドバッグを含む)と、テラスの外にいる所在無げな男性(前述のように、おそらく1人はファン・アイク自身)が、おそらく残り2つの大罪を表していると考えられている。

《宰相ロランの聖母》の基本情報

  • 制作者:ヤン・ファン・エイク
  • 作品名:宰相ロランの聖母
  • 制作年:1435年-1435年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ルーブル美術館 (フランス)
  • 種類:油彩
  • 高さ:66cm
  • 横幅:62cm
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部