作品概要

白貂を抱く貴婦人》は、画家のレオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた作品。制作年は1490年から1490年で、チャルトリスキ美術館に所蔵されている。

レオナルド・ダ・ヴィンチが1人の女性の肖像画を描いたのは世に4点程しかないが、そのうちの一つで、モデルはミラノ公ルドウィーゴ・スフォルツァの愛妾だったチェチーリア・ガッレアーニだとされている。

この絵画で女性が抱いているシロテンが持つ意味合いについて複数の意見があるが、その毛皮が有力貴族や王族の衣装として珍重され所有者は上流階級を意味し、毛皮が汚れるくらいなら死を選ぶとして清浄のエンブレムになっていることや、1488年にアーミン勲章を受勲したルドウィーゴの私的シンボルや、シロテンをギリシャ語でgalayでモデルの苗字の語呂合わせだと言う説もある

1489年から1490年頃にダヴィンチがミラノで描きあげた作品のひとつである。

モデルは1484年にミラノにあるルドヴィーコ・スフォルツァの居城スフォルツェスコ城で滞在していた時に出会った当時17歳のチェチーリア・ガッレラーニである。

チェチーリアはミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾。胸に抱かれている動物は白貂で、当時白貂は上流階級のもののステータスシンボルでもあり、貴族たちはこぞって白貂の毛皮を身に着けていた。

また白貂はアーミン勲章を受けたルドヴィーゴの個人を表す私的意匠でもある。美術館に収蔵されるまでに多くの人の手を渡って来たため、背景は黒く塗りつぶされ、手の部分も後世に書き加えられた後が残っているがダヴィンチの現存する油彩画の中では比較的状態が良いものとされている。

体をひねることで三角形の構図が生み出され絵に躍動感を与える工夫がなされている。また手の部分の描写は手の血管からスジに至るまで細密に描写がされておりダヴィンチの人体への造詣の深さを物語っている。

来歴が残っておらず、以前まではダヴィンチの作品として認められていなかったが、下絵の絵ににじみ止めのチャコールが敷かれておりこれが師のヴェロッキオから受け継いだ技法であることからダヴィンチの作品として認められた。

ルーヴル美術館の”ミラノの貴婦人の肖像”はこの絵と同じくチェチーリアがモデルと言われている。現在はポーランドのチャルトリスキ美術館に所蔵されている。

《白貂を抱く貴婦人》の基本情報

  • 制作者:レオナルド・ダ・ヴィンチ
  • 作品名:白貂を抱く貴婦人
  • 制作年:1490年-1490年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:チャルトリスキ美術館
  • 種類:油絵具
  • 高さ:54cm
  • 横幅:39cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部