作品概要

酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1635年から1635年で、アルテ・マイスター絵画館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》は、オランダの巨匠レンブラントの30代のときの作品である。「レンブラント F」とサインされたこの作品は、ドイツのアルテ・マイスター絵画館に保管されている。この絵には、レンブラント本人と最愛の妻サスキアが描かれている。

レンブラントは、若くして画家としてのキャリアで成功した。レンブラントは高価な衣服を好み、派手な宝飾類やベレー帽などの質の良い帽子を愛用していたが、本作品ではそれを抑えることなく表現している。

批判と応答

妻のサスキアを自分の所有物であると言わんばかりに膝の上に乗せ、鑑賞者に向かってビアグラスで乾杯している。彼は相当尊大で横柄で、宝飾品や贅沢品の虜になっていると周囲の人達から見なされていた。

またサスキアの横には「傲慢」の象徴である孔雀が描かれ、その上には「浪費」の象徴である黒い勘定板が描かれてる。この絵を制作した当時、彼には妻の財産を浪費して邸宅や収集品を買い集めているという非難があがっており、レンブラントはそのような意見を無視することを決め込み、この絵で自らを放蕩息子に例えて表現した。

レンブラントと放蕩息子

プロテスタントの世界では、放蕩息子というテーマはその道徳的背景からして頻繁に登場するテーマであった。レンブラントはまた、1669年に「放蕩息子の帰還」という作品を描いている。カンヴァスの左側は、見る者の関心を中心となる主題に惹きつけるために、おそらく画家自身によってカットされている。

色素分析の結果によると、赤みがかった黄土色・鉛鈴黄色、あかね深紅色、紺青(鮮やかな明るい藍色)といったバロック絵画ではよく使われていた染料を利用しているのに加えて、彼の精巧な色の重層テクニックが見てとれる。

《酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》の基本情報

  • 画家レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)
  • 制作年1635年-1635年
  • 製作国不明
  • 所蔵アルテ・マイスター絵画館 (ドイツ)
  • 種類油彩
  • 高さ161cm
  • 横幅131cm
  • 編集情報

  • 投稿日
  • 編集者