作品概要

酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》は、画家のレンブラント・ファン・レインによって描かれた作品。制作年は1635年から1635年で、ドレスデン絵画館に所蔵されている。

アトリエを構えた1635年頃に制作された一枚。

仕官風に着飾った男が下品に笑い、グラスを高く挙げて女性をひざに乗せている。
女性の横には「傲慢」の象徴・孔雀が描かれ、その上には「浪費」の象徴・黒い勘定板が描かれてる。
男はレンブラント自身、女は妻・サスキアをモデルにしたとされ、サスキアとの結婚の翌年に描かれた。

この絵を制作した当時、彼には妻の財産を浪費して邸宅や収集品を買い集めているという非難があがっており、レンブラントはそのような意見を無視することを決め込み、この絵で自らを放蕩息子に例えて表現した。

《酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》の基本情報

  • 制作者:レンブラント・ファン・レイン
  • 作品名:酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)
  • 制作年:1635年-1635年
  • 製作国:不明
  • 所蔵:ドレスデン絵画館
  • 種類:油彩
  • 高さ:161cm
  • 横幅:131cm
  • 編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部