作品概要

頬に手を当てた自画像》は、画家のエゴン・シーレによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

詳細な画像を見る

■ 時代背景

1910年制作
シーレが画家として独立してすぐ。敬愛する画家、クリムトからの影響を脱却し、独自の路線を開拓し始めた頃。彼のオリジナリティや制作意欲の爆発を感じる作品のひとつ。

■ 作品の構成・技術

シーレが1910年に多く残したポーズする自画像のうちのひとつ。顔と手の表情の細やかな描写がたいへん魅力的。表情筋の微細な動きを木炭と水彩、グアッシュで迷いのない大胆なタッチ表現している。
44.3×30.5cm
グアッシュ、水彩、木炭

 

 

《頬に手を当てた自画像》の基本情報

  • 制作者:エゴン・シーレ
  • 作品名:頬に手を当てた自画像
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部