作品概要

ナンバー11》は、画家のジャクソン・ポロックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

■ 時代背景
1951

■ 作品の構成・技術
1951?52年にポロックが取り組んだ「ブラック・ポーリング」と呼ばれるシリーズのひとつ。
このシリーズは基本的には黒一色で描かれたが、本作では例外的に初層で赤茶色が顕著に用いられている。
352×146?という圧巻的なスケールも特徴。

■ 作品にまつわるエピソード
1951年になるとポロックは突然方向転換をはかる。
抽象的な成熟期の構成は捨てられ、初期・形成期にみられた具体的なイメージが画面に現れるようになる。
前衛画家としての衰退の苦悩の中で生み出された作品。

《ナンバー11》の基本情報

  • 制作者:ジャクソン・ポロック
  • 作品名:ナンバー11
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部