作品概要

東海道五十三次(日本橋)》は、画家の歌川広重によって描かれた作品。制作年は1833年から1833年。

詳細な画像を見る

《東海道五十三次(日本橋)》は、歌川広重を一躍人気絵師とした、木版画連作のうちの一つ。このシリーズは、ゴッホが模写をしたことでも知られている。

本作で広重は、数々の風景をそこに暮らす人々や動物と共に描き出した。この作品では出発地点の日本橋の風景を、柔らかな朝焼けの中に描いている。

大名行列の一団が日本橋を渡り、左手前には仕入れた魚を天秤棒を担いで売りに行く人々、そして右には犬が描かれており、江戸中心地の活気ある朝の賑わいが、伝わってくるようだ。

《東海道五十三次(日本橋)》の基本情報

  • 画家歌川広重
  • 作品名東海道五十三次(日本橋)
  • 制作年1833年-1834年
  • 製作国日本
  • 所蔵不明
  • 種類浮世絵
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 編集情報

  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者