作品概要

カット・アウト》は、画家のジャクソン・ポロックによって描かれた作品。制作年は?年から?年。

■ 時代背景
1948-58

■ 作品の構成・技術
濃厚なポーリングによってびっしりと埋め尽くされた画面。
そればかりか、ファイバーボードの細かな破片がまき散らされたりしており、背景はかなりにぎやかです。
その緊張を打ち破るかのように、ポーリングの画面の真ん中が人型に切り抜かれており、ほぼ白地のキャンバスがのぞいています。

■ 作品にまつわるエピソード
抽象表現の極限を実現した成熟期のポロックでしたが、その陰で、彼は今までにない新しい種類の表現もひそかに探究していました。
そこで、彼は、画面の一部をナイフで半具現的に切り抜くという方法を採ったのです。

《カット・アウト》の基本情報

  • 制作者:ジャクソン・ポロック
  • 作品名:カット・アウト
  • 制作年:不明-不明
  • 製作国:不明
  • 所蔵:不明
  • 種類:不明
  • 高さ:不明
  • 横幅:不明
  • 編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者:
  • 運営元:MUSEY編集部